HTLV-1質問箱

HTLV-1のウイルス学

ご協力のお願いご協力のお願い

HTLV-1のウイルス学

質問箱は5つのカテゴリーにわかれています。
質問一覧はメニューの『HTLV-1質問箱』からご覧下さい。

HTLV-1ってどんなウイルス?

HTLV-1はヒトに感染するレトロウイルスの一種で、成人T細胞性白血病(Adult T-cell leukemia / lymphoma)等の病気の原因となる病原性のあるウイルスです。

HTLV-1とは?

同じレトロウイルスの仲間としては、エイズの原因となるHIVが有名です。しかしHTLV-1とHIVはある面ではよく似た性質を持ちますが、全く別のウイルスです。HTLV-1はレトロウイルス科オンコウイルス亜科、HIVは同科レンチウイルス亜科に属します。

ウイルスの種類

レトロウイルス、プロウイルスとは?

レトロウイルスとは、RNAウイルス(ウイスル粒子の殻の中に、遺伝子の本体としてDNAではなくRNAを持つウイルス)の一種です。しかし他のRNAウイルスと違ってレトロウイルスに特徴的なことは、感染の標的となる宿主細胞(HTLV-1やHIVではヒトTリンパ球)に感染後、そのウイルスRNAは細胞内でDNAに変換され(この過程を「逆転写=reverse transcription」と言います)、宿主細胞の染色体(ゲノム)DNAの中に組み込まれるということです。

ヒトTリンパ球細胞

このようにDNAに変換されて宿主染色体に組み込まれたウイルスの遺伝子を「プロウイルス」と呼びます。一度宿主染色体に組み込まれたウイルスDNAはその後、二度と染色体から抜け落ちることはありません。宿主染色体上のウイルスDNAから、宿主の遺伝子と同じようにRNAが作られて、それが子孫のウイルスの遺伝子となったり、ウイルスの殻などを作る蛋白質合成のもととなったりします。

ウイルスDNA

感染細胞率(ウイルスロード)とは?

ヒトのTリンパ球にHTLV-1ウイルスが感染すると、1細胞あたり1個のプロウイルスが組み込まれます。つまりプロウイルスの数=感染細胞数となります。したがって、感染者の方の血液中の全リンパ球数とプロウイルス数を調べると、全リンパ球中のHTLV-1感染細胞の含有率が求められます。

無症状のHTLV-1感染者(キャリア)の末梢血中では、全リンパ球のうち約1~3 %位が感染細胞である(つまりリンパ球100個分を調べると1~3分子のプロウイルスDNAが検出できる)事が知られています。

この感染細胞の割合(感染細胞率あるいは「ウイルスロード」)については、各HTLV-1関連疾患とのおおまかな相関が解ってきています。

たとえば普通の何の症状も無いキャリアの場合では上記のように1~3 %ですが、HTLV-1キャリアの一部に発症するぶどう膜炎 (HTLV-1 uveitis、HU) を持つ患者の方では5 %前後、慢性の神経麻痺を症状とするHTLV-1関連脊髄症(HTLV-1-associated Myelopathy, HAM)の患者の方で10 %以上の例が多い事が示されています。

高齢者に多い糞線虫(経皮感染をする寄生虫)との重感染者では感染細胞の割合が増えており、40 %以上と言う例もあります。しかし感染細胞率には個人差もあり、感染率がキャリアの範囲を超えていても、健康に過ごされている感染者の方もある程度存在します。