しかしながら、一部の感染者の方には重篤な病気を引き起こすことがあります。

このような病気を発症した患者の方を完全に治療することは

残念ながら現時点ではたいへんむずかしい状況です。



JSPFAD(HTLV-1感染者コホート共同研究班)は

HTLV-1感染者(HTLV-1キャリア)の方から

定期的に(1年に1回程度)血液を採取させていただき

その検査結果を解析することにより重篤な疾患の前兆をつかみ

将来的な治療や発症予防につなげていこうとする研究グループです。

Copyright (C) 2004-2007 JSPFAD all rights Reserved.