実施医療機関へのご受診にあたって

必ず「JSPFADへの連絡および受診の方法」に記載されている手順に従ってご受診ください


JSPFADの活動は実施医療機関であってもJSPFAD担当の診療科・医師以外にはよく知られていない可能性があります。

協力実施医療機関および協力者ご本人様への負担・混乱を避ける意味でも「JSPFADへの連絡および受診の方法」に記載してある方法以外でJSPFADに関して直接実施医療機関に問い合わせすることはお避けください。

情報ページに記載されております各実施医療機関の電話番号(代表)には、「JSPFADへの連絡および受診の方法」に記載がある以外では交通手段の問い合わせ・休診日の確認等、直接JSPFADに関連しない一般的なお問い合わせにご利用ください。

また、JSPFAD担当医師の休診日を病院に確認する際にも、JSPFADの名前は出さずに担当医師名だけを告げて診察日を確認してください。
(「内科の○○先生の診察日はいつでしょうか?」のようにお尋ねください。必要なら「○○先生宛の紹介状を持っています」とお告げください。)

なるべくJSPFAD(ジェイ・エス・ピー・ファッド)受付本部まで紹介状をご請求ください


実施医療機関一覧の情報より来院可能な実施医療機関がみつかりましたら、紹介状請求のページにあります方法でJSPFAD受付本部までなるべく紹介状をご請求ください。

ご協力者の方にこのプロジェクトに対する確実なインフォームド・コンセントを実施する為には通常の診療より長く診療時間が必要になることがあります。

ですので同一日に何人もの協力者の方を受け入れることは、待ち時間の増加などで他の一般受診患者の方の負担増にもつながってしまう可能性があります。

紹介状をご請求いただくことにより、同一施設への紹介状希望が一時期に多数寄せられた場合は受付本部の方で「受診は来月まで待ってください」等のアナウンスを同封させていただき医療現場の混乱を防ぐことが可能になります。

また「JSPFADへの連絡および受診の方法」に紹介状を受付に出すよう記述のある医療機関に受診ご希望の方は紹介状請求が必須となります。

それ以外の医療機関をご希望の方も上記のような理由により、現場の混乱防止の為できれば紹介状をご請求ください。

あらかじめHTLV-1に対するスクリーニング検査で陽性が確認されている方が対象になります。

LinkIconスクリーニング検査とは?

調査の性質上、定期的に(1年に1回程度)ご協力くださることを期待しております。どうぞよろしくお願いいたします。

LinkIconその理由は?